グループ展『真夜中の仮面舞踏会』に参加しました

事後報告になってしまいましたが、
去る2019年6月、Twitterでお世話になっているあやにゃさん主催のグループ展「真夜中の仮面舞踏会」に出展させていただきました。
仮面舞踏会をテーマにしている、素顔NGの仮面を身につけた紳士淑女の展示会です。

 
 
実は私、去年の初夏辺りからアナログイラスト(水彩)を描き始めるようになりまして、そろそろ習作ではなく作品として見ていただくための絵を描いてみるのも良いかなと?思っていたところ、こちらのグループ展とご縁をいただきました。
展示会で原画を展示させていただくのはこれが初めてだったので、一から十まで主催のあやにゃんさんに質問して確認しての繰り返しでした(その節はお世話になりました)
 
購入した作品を額装することはあっても、自分が描いた絵を額に入れるというのも初めてだったので、額装についても色々と考える機会になりました。
そして額装沼にはまっていくという(((
 
 
展示会に送り出したのは、SMサイズの作品1点、ポストカードサイズの作品2点、ミニ額作品6点、ポストカード1種とアクセサリー数点でした。
仮面がテーマなので、全員仮面をつけているのですが、私が描くイラストって目が大きいので仮面が似合わないのなんのって!
描いてから気づいたのか――――って感じですけど、ホント仰る通りで。。。
試行錯誤の末、このような形に収まりました。


 
会場が名古屋だったので、搬入などは完全にお任せだったのですが、準備期間はワクワクドキドキが止まりませんで。。
約1か月弱という長丁場の展示会だったのですが、会期中の様子なども細かく伝えていただけて、とても楽しく過ごせました。
作家との距離がとても近い、あたたかい展示会だったなあと思います。
 
 
感想ノートなどにもとてもたくさんの感想やメッセージをいただけました!
アナログイラストに関しては一度筆を折っていることもあって、自信が無いというかコンプレックスがあるというか、少々こじらせている部分がありますのですごく不安だったのですよ。
なので、いただいた言葉ひとつひとつを読みながら、ああ参加して良かったなああああっていう気持ちになれました。
作品のレベル的にはまだまだなのは分かっているのですけれど、見ていただくという行為に対してちょっとだけ自信つきました。
 
 
私が手掛けた作品については、会期中にミニ原画3点をお迎えいただき、後日BOOTHの通販でSMサイズの作品1点、ポストカードサイズの作品1点、ミニ額作品1点をお迎えいただけました。
https://poritw.booth.pm/
自分が描いた作品が他の方のお宅にお邪魔するというのはなんだかうれしいですね。
大切にしていただけたらいいなあと思います。
 
ちなみに、こちらを見ていただければわかると思いますが、同じ線画に対してデジタルとアナログでここまで仕上がりの精度に差がついてしまうのです。


本当にまだまだですよね…。精進します。
 
 
また機会があれば参加したいなあと思っ…っていたところ、あやにゃんさん主催の次のグループ展のお話が舞い込んできまして、来年2月に、こんどは「お菓子」をテーマにした「お菓子展」に参加させていただく事になりました!
半年後の事ですけれど、とても楽しみですし、今回よりもさらに魅力のある作品を送り出せたらいいなあと思っています。
 
デジタルもアナログも楽しんでいきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!

シェアする