タグ別アーカイブ:

哲学の道のあじさい

先日の藤森神社のあじさい祭りがあじさい的な意味で不発だったこともあって、
リベンジしたい~!と思ってあじさいスポットを探しました。
京都のあじさいといえば三室戸寺や三千院かなーと思ったのですが、
いかんせん行きづらいorz
一度は見てみたかったなぁとは思うのですが、今回は我慢の子でした。

実はこの6月末で、2年近くに及ぶ関西への滞在期間も終了して
地元の北海道に帰還する事になったので、
最後に見て回りたいところを毎週末お散歩していたのでした。
今年に入って急に観光ブログのようになったのはそのせいですね~(笑

今回選んだのは、哲学の道です。
桜や紅葉の時期が一番有名なのかもしれませんが、あじさいもすばらしい(´∀`)
近隣の住人さんがきっちりお手入れしてくれているので、
とても状態のいい感じのあじさいをたくさん楽しめるのです。

20140621-a6

枯れる気配も無く、ぷるぷるつやつや(´∀`)
あじさいの表現として適切なのかは分かりませんが、
花びら一枚一枚が肉厚でもちもちしています(*´Д`)-3 しかもでかい・・・

20140621-a5

ごっつい一眼レフを抱えて歩いているカメラガール(?)もたくさん歩いていましたが、
私の安物のデジカメでももちもちっぷりが分かるレベル。
カメラガールっていう単語があるのかどうか分からなくて調べたら、
森ガールや山ガールみたいなノリで、写ガール(シャガール)というそうです。
シャガールて画家さんかーw

20140621-a4

もちもち(*´Д`)-3
しかもたくさん咲いてる(゚ω゚三゚ω゚)
・・・ので、当然ハチがたくさん飛び回っていました(☍﹏⁰)
しかもでっかいのが・・・超でっかいのが・・・!orz

20140621-a3

見慣れない感じのあじさいも咲いていました。
何ていう名前なんでしょうね??

20140621-a2

あじさいは土や水の性質がアルカリか酸性かによって色を変えるものだと習った事があるのですが、ここまで狭い範囲で色とりどりに咲かれると、性質とはいったい・・・ってなってしまいますね。
元々こういう色に咲く種類なのかなあ。

20140621-a1

天気予報は曇り時々雨だったので、雨に濡れたあじさいを撮れるのかなーって思っていたのですが、行ってみたら晴天!
水滴がきらきらのあじさいも素敵ですが、よく晴れてくれたおかげで写真映りもなかなか良い感じでした~

藤森神社のあじさい祭り

6月15日に藤森神社であじさい祭りがあると聞いたので、行ってきました(´∀`)

20140615-1

「藤森」神社なのに藤森駅より隣の駅からの方が近かった・・・!
写真にチラッと写ってる看板の、6月28日には手づくり市があるそうです。
京都の神社って、蚤の市やハンドメイド系のイベントが多いですねー(’▽’

20140615-2

入苑料300円を納めると、入場券代わりに御札がもらえます。

20140615-3

肝心のあじさいですが、残念な事にここしばらく晴天が続いたり暑かったりで、あまり咲いていないどころかちょっと枯れているというか・・・干からびていました(´・ω・`)
いい感じに撮れた写真だけ切り貼りしましたけど、それでも枯れかけているのが見えてしまうorz
雨がぱらついているくらいの瑞々しい感じの方が、あじさいには似合うかもしれませんね。

この日は「蹴鞠」「雅楽」「舞楽」「藤森太鼓」の奉納があったので、全て楽しんでいきたかったのですが、とにかく暑くて熱中症っぽい症状が出てきてしまったので舞楽まででギブアップでした_| ̄|○

20140615-4

まずは蹴鞠。
ちょうどこの日は全国的にサッカーワールドカップで盛り上がっていましたが、ここ藤森神社では蹴鞠保存会の方々ががんばっていました。
といっても、蹴鞠はドリブルやシュートといった概念はなくて、足だけでラリーを続ける遊びみたいですけどね。
「アリ」「ヤア」「オウ」という掛け声を掛け合いながら小一時間蹴鞠を見せてくれました。

20140615-5

つづいて、舞楽。
雅楽が先にありましたが、写真だとやっぱり舞手さんが居るほうが華があるので^^;
まずは巫女さんによる浦安の舞です。

20140615-6

次に、小学生くらいの女の子たちによる迦陵頻。
背中に羽と尻尾もつけていて、鳥さんの格好をしています。
一番小さい子で小1くらいなのかな? ピョンピョン跳ねる可愛らしい舞でした(´∀`)-3

20140615-7

そして最後に蘭陵王!
とても有名な舞楽だそうです。私はこの手のものに疎かったので、「遙かなる時空の中で~舞一夜~」で出てくる「斉稜王」のモチーフがこの蘭陵王だということで知った舞楽です。

20140615-8

イケメンすぎて威厳が無かったから、怖い仮面をつけて指揮をとったら戦に勝ったよやったーワーイワーイ嬉しいなー(意訳)っていう舞なのだそうです。

運よく一番いい席で見る事ができたので、大迫力でした~!

遅咲きの桜を見ましょう

京都の桜もそろそろ見納めですねー。
・・・ということで、遅咲きの桜を見に行ってきました。

まずは鞍馬寺へ~。
色々あって縁深い地なのですが、いかんせん遠いのでなかなかたずねる事ができず・・・。
やっと戻ってきたぞー!
20140419_01
本殿までの道には赤い灯篭がずらーっとならんでいて良い雰囲気です(´∀`)
迷子防止にとても役立つ(っ゚、。)っ
この道には桜は一本もないので、雲珠桜(うずざくら)とは一体・・・って思ってしまうのですが、本殿付近には色々な桜が咲いていました~

20140419_02
葉っぱと桜が同時につく様が馬具の雲珠に似ていることからそう呼ばれているそうですが、北海道育ちの私からするとそれが当然なのでいまいちありがたさを感じられない・・・とか思っていたら

20140419_03
なにやら白い桜発見です!
背景の朱色に良く映えますねえ(´∀`)-3
このあと奥に進んでいくとどんどん山深くなっていくのですが、私の足ではどうにも厳しいので、義経公息継ぎの水の辺りまで行って引き返しましたー。
万全の状態で臨んだのだけれど、思っていた以上に足が衰えていたorz

そして降りる時のケーブルカー内のアナウンスで「宇宙の心」って言うのは勘弁して下さい笑いそうになりますorz

下山後、鞍馬駅に行く途中に立ち寄ったおそば屋さんですごい衝撃的なそばに出会いました。
神山というお店なのですが、そこで頼んだ「ゆばそば」がこちら↓

20140419_07
!?!?!?!??!( ゚ω゚)・∵ ;

20140419_08
ああよかった蕎麦入ってた・・・!
蕎麦自体は数種類から選べて、私はヨモギそばを注文しました。
なんじゃこりゃーってくらいコシが強いおそばでした。
とても美味しかったけれど量が少なかったのですぐお腹すいてしまいました(っ゚、。)っ

食後は洛中まで戻り、市バスで仁和寺へ~。
遅咲きの桜といえば仁和寺の御室桜!ということで、予想はしていましたがすごい混んでました。
途中からお客さんが乗れないくらいギューギューで苦しかったですorz
仁和寺の駅の手前に金閣寺や龍安寺といった観光名所があるのですけれど、今週の主役は仁和寺のようで、バスはずっとギューギュー(☍﹏⁰)

肝心の桜の方はといいますと・・・

20140419_04
うわーんほとんど葉桜ー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
実は、この日の前日にかなり強い雨が降ってしまっていたのですorz
散っちゃっただろうなーと思っていたけど、本当に散っていた・・・!

20140419_05
一番咲いていた桜がこちらです。
実は地面に散り積もった桜の方が多くて、すごく綺麗でした(ノ∀`)

20140419_06
ついでにお庭も見てきました。砂紋綺麗ですねー!
しかしせっかく綺麗なお庭なのに、お猫様の足跡を発見してまった( ゚ω゚)・∵ ;
ここまで綺麗に整えられた砂利に足跡を付けるだなんて、さぞ気分が良かったことでしょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。うわああああ