日別アーカイブ: 2016年5月17日

初めてのぎっくり腰

5月7日(土)の夜にやってしまいました…人生初のぎっくり腰です。
お風呂上りに自室に戻って数歩歩いたところで突然腰にピキッと違和感。

(゚д゚ )
ノヽノ|<ピキッ
< <

(゚д゚ )
ノヽノ|
< <

(  ゚д゚  )<……。
ノヽノ|
< <
「ピキッ」からの次の一歩で激痛wwwあああああwwwwworz
ちょっと待って私いま歩いてただけで別に何のアクションもしていないのになんでwwww

体感して知ったのですが、「ヘルニア」と「ぎっくり腰」って根本的に痛みの質が違うんですね。
ヘルニアはもう直接神経を殴られた感じで呼吸もうまくできず、痛みで吐くレベルなんですが、ぎっくり腰は肉離れに近い痛みが強い感じ(足が攣った時のぎゅうううううっていう痛みが腰に発生している感じ)だし、一度座って微動だにしなければ激しい痛みはないので楽といえば楽…と思っていたのですが、寝るのが辛いという事に絶望しました。
寝返りを打とうとすると激痛が走るので、完全に姿勢固定で一夜を過ごして、目覚める頃には体が固まってしまって、初動でまた激痛。最初の朝は起き上がるのに1時間もかかりました…恐るべしぎっくり腰。
あと、元々膝が悪いせいでしゃがむ事が出来なかったので、腰から下の物には手が届かなくてめちゃくちゃ不自由。
マジックハンドは本当にマジックですよ。すごい便利。一家に一台ぜひ。
で、動くたびに腰が攣るような痛みが発生して歩くこともまともにできないので、日曜日はぼーっと座って過ごしました。
実はこの日、とても楽しみにしていた「宝塚のるろうに剣心の千秋楽ライブビューイング」があって、チケットの抽選を勝ち抜いていたので観に行けるはずだったのです…が、動けないので泣く泣くチケットを母に渡し、母の日だから…母の日だから…うッ ってなってました。(母も観たがっていたのでそれはそれでよかったのかもしれませんが)
哀れに思った父がBlu-rayを買ってくれました…あなたが神か…(白目

結局歩けないことにはどうにもならないということで、月曜と火曜の2日間仕事を休み、水曜は湿布とテーピングとコルセットでがちがちに固めて杖をついてタクシーで通勤。
油切れのC-3POみたいな動きになってましたが座り仕事なので一度座ってしまえば定時まで絶対動かないマンです。
というか、怪我人を笑うのは無神経すぎだと思うのだけど、元々ああいう職場なんだろうな(呆
まあ「ぎっくり腰」っていう名前がコミカルすぎるし、ギャグネタなどにも使われますからね。
私も自分でやるまでは半日くらい痛いけどすぐ治るようなものだと思っていましたし…。
調べたら「急性腰痛」と呼ばれるもので、丸三日は全く動けず、痛み止めを飲みながらなんとか日常生活を送れるようになるまで1週間、完全に痛みが引くには数週間~数カ月かかるらしいですねこれ。まだ痛いですもん。
めちゃくちゃ痛いのに、ぎっくり腰の1週間後にデザインフェスタのために東京に行ってきて悪化させた馬鹿は私です…。飛行機も宿も取っちゃってるし色々チケット確保してるし…ううっ
同行してくれた友人にとてもお世話になりましたorz

しかし腰に激痛が走っているときは、もともと悪かった膝の痛みを全く感じませんでした。
脳の信号の優先順位的なものが変わったからだったのかな…???
ぎっくり腰から10日ほどの間は膝が絶好調でした。
最近徐々に再び膝が痛くなってきたので、腰が落ち着いてきたのでしょうか。
腰を庇っていた分のダメージが来ただけかもしれませんが、、、

ともあれ、ぎっくり腰は癖になると聞いているので、気をつけたいですね。

皆さんも気をつけましょう。
歩いているだけでも突然逝きます。びっくり。