わちふぃーるど 池田あきこ原画展

猫のダヤンで有名な池田あきこ先生の原画展に行ってきました。

20140413_1
神戸に行くのも高校の修学旅行以来です(’д’
一人だったので無事に辿り着けるか心配でしたが、必死に電車を調べたので何とか到着です。
携帯電話様のおかげで乗り換える電車や時間を調べたり、現地で目的地までのルートを検索したりできるので、方向音痴に優しい時代になったものですよね本当に・・・。
文明の利器に頼り過ぎているせいで充電が切れたら詰むので、充電器を複数持ち歩くのがクセになっています(☍﹏⁰)
ネットで見つけて可愛いーって勢いで買ってしまったダンボーさんは重いので持ち歩けないし・・・。

さて。わちふぃーるど(ダヤン)ですが、今年で30周年なのだそうです。
そういえば、小学生の頃のおませさんな女子のペンケースはこのキャラクターの物だったなあとか思い出します。それくらい昔からあったんだなぁ。
当時の子供の私にはちょっと怖かったんですよ、わちふぃーるど・・・ちょっと「まっくら森」に近い雰囲気があってね(☍﹏⁰)
大人になってからこのモフモフっぷりがたまらんという事に気づいたのでした。
タッチがすごく繊細だし、皮小物にプリントされてるものもふんわりもっふり・・・。
今回、大好きな「森のささやきシリーズ」の原画も見られると聞いたので、勇気を出して一人で行ってきましたよー。

20140413_2
展示会場内は撮影禁止なので、入り口にあった大きなタペストリーをパシャり。
展示内容はラフスケッチ・原画・立体作品・革作品・動画まで本当にいろいろあったのですが、そこまで混んでいなかったので間近でゆっくり一点ずつ堪能することができました。
混んでいないとは言っても客足が途絶えるわけでも無く、ちょうど良い密度だったと思います。一時的な流行で勢いがついている展示会とは違って、ある程度コアな固定客がいるから成せるわざですね。
複製原画ほしかった・・・。作品の素晴らしさはもちろん評価しているのですが、さすがに四万オーバーはポンと出せない貧乏人です・・・ああああ(☍﹏⁰)

その後は、「KOBEとんぼ玉ミュージアム」という所で、とんぼ玉作り体験に挑戦しました(´∀`)
不器用さを前面に押し出した感じの、なかなか味のあるとんぼ玉が出来ました・・・よ・・・hahaha
ネックレスやストラップに加工する事も出来たのですが、今回はかんざしにしました。
かんざしは最近覚えたおしゃれの一つです(´ー`;;)
ずっと髪質が良すぎたせいで、髪を巻いて刺してもクルクルヒューンってかんざしを吹っ飛ばしていたのですが、最近ちょっと髪が痛んだおかげ()でゴムで結ってから刺せばちゃんと刺さったまま大人しくしてくれるようになったのでした。

最後に中華街をぶらぶら歩いて帰宅。
中華街って高校生の頃に一度通った事があったのですが、あの時の方がもっとキラキラしていたように見えたなぁ。
やっぱり子供に見える物はキラキラしているんだろうなぁ・・・
角煮まんおいしかったです(っ゚、。)っ